西国三十三ヶ所巡礼 第十八札所 六角堂!|ブログ

聖徳太子が創建したと伝わる。室町時代からは町衆とのかかわりが深い町堂にもされた。本堂が六角の建物なので六角堂と呼ばれ、華道家元池坊の本拠として知られる。親鸞聖人が百日間の六角堂への参籠を経て浄土真宗開宗のきっかけを得られたことは有名。昔からここが京都の真ん中といわれ、その証拠品という「へそ石」が境内に残っています。

写真にもありますが、合掌地蔵!一緒に願いを叶えてくれるというもの!一杯並んでいました!

住所:京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町248

宗派:天台系単立